FC2ブログ
迷える小娘!?
2007年05月23日 (水) | 編集 |
進路を迷っています。
みなさんの意見を教えてください。

ちなみに今の状況は・・・
簿記1級完全挫折中です。
税理士試験に早く合格したいので、このまま
税理士講座に進もうと考えていました。

でも、1級で学ぶ連結とか工・原のほうの
意思決定とかって税理士じゃやらないですよね?

ちょっと、興味はあります。

それで、今後の進路で悩んでます。

①簿記1級に再度挑戦する
 11月の試験を受け、その後1月からの速習コースで
 来年の税理士試験をうける。

②7月からの簿財横断マスターを受講する。
 (来年の6月に1級も受けてみる!?)

ちなみに、大学で法律学をとっていたので
資格は受験資格はあります!

みなさんのご意見をお聞かせ下さい<(_ _)>
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
私(大学除籍で受験資格無し)なら、税理士合格を優先させますよ。

一級に合格しようがしまいが、結局税理士にはいくでしょうから。

なら早い方がいいと思いますねv-91
2007/05/23(Wed) 12:21 | URL  | こうちゃんまん #-[ 編集]
はじめまして。

私ならはじめたものはトコトンやりたいほうですからまずは簿記の1級をとりますね。途中で進路を変えてしまうとどっちも中途半端になってしまいそうな気がしてなんか怖いんですよね(笑)

なんの役にも立てませんが参考までに。
2007/05/23(Wed) 17:08 | URL  | jun #-[ 編集]
はじめまして。
ちょくちょく覗かせていただいてます。
僕もらいちるさんと同じで簿記1級とFP3級の勉強をしてるんですよ。受ける時期ももろにかぶってます^^
たしかにこれは悩むところではありますね。僕は簿記1級の後、会計士の勉強のほうへ進むつもりなんですが、同じような事で少し悩みました。
今すぐにでも会計士の勉強を始めるべきなのか、簿記1級を取得してからにするのか。しかし僕も簿記1級講座を申し込み、学習をスタートさせた後に会計士という目標ができたのです。一刻も早く会計士の勉強を始めたいという気持ちを抑え、今は簿記1級に専念するということに決めました。中途半端になるのが嫌だったので^^;
何の参考にもなってませんが、とりあえず3日後のFP試験サクっといっちゃいましょう^^
2007/05/24(Thu) 10:34 | URL  |  #-[ 編集]
>らいちるさん
こんばんは。①と②どちらにするかですが、最終的には工簿と原価計算次第ではないでしょうか?工簿と原価計算を今やりたいなら簿記1級を目指し、その気がないなら税理士を優先する形になるのではと思います。

話は変わって、日曜日に高校野球関東大会を見てきました。何とわが故郷の高校が出たのです。で、日曜日は勝ちました。
2007/05/25(Fri) 00:18 | URL  | ブブスケ #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
みなさんコメントありがとうございます!
本当に勇気づけられます。
ブログを書いててよかったって思います。

まだ、1級をつづけるか税理士に進むか
決めかねてます。
工・原はニガテですo(´^`)o
でも、ニガテニガテといってたら
二級レベルも危ないと思ってます。

みなさんからいただいた
コメントと自分自身で考えて
結論を出したいと思います<(_ _)>
2007/05/25(Fri) 11:41 | URL  | らいちる #-[ 編集]
どうですか?
決まりましたか?

私はブブスケさん寄りです。

税理士受験に工・原はほとんど関係ないんですよね。

だったら費用、年齢からも税理士に行くべきだと思います。

でも一級も中途半端にせず、今やっちゃいたいなら別ですが・・

充分悩んで下さいねv-37
2007/05/28(Mon) 09:46 | URL  | こうちゃんまん #-[ 編集]
お久しぶりです。
俺は、2級とったのなら
税理士にいくべきだと思います。
他の方がいってましたが、たしかに
工原などほとんど関係ないです。
義理の弟が税理士ですが
、税理士になるための最短の
方法もあります。
あと、もしらいちるさんが本気で
税理士を目指すなら
世間一般でいわれている
簿財からよりも、税法から
勉強したほうがいいと思います。
これは税理士の人の意見ですが。
2007/05/28(Mon) 11:29 | URL  | フィーゴ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/05/30(Wed) 18:37 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック